もし、興味がおありなら、少しだけ動画でご紹介します。

上の画像をクリックで再生します。
ダウンロードを軽くする為に画像の質を落としています。本編は高画質DVDです。

限られた時間の練習で、能力を最大限に発揮させる!
大人からマスターズ水泳を始めた人でも実践できる!

自由形(クロール)スピードアップの秘密とは?

もし、わずか1か月で後半失速しないスイマーになれたら・・・

1日3000m以上泳いでいるのに、タイムが伸びない…
今の指導メニューやトレーニングは、本当に効果的だろうか…

もしかすると、このように思われているかも知れません。
あなたは、どうすればより速く泳げるようになると思いますか?

大人のスイマーとしての理想的な身体を作る方法はご存知でしょうか?

人一倍『練習量を多くする』
スイマーに必要な『体力をつける』

いいえ…これだけでは、決して後半失速しないスイマーにはなれません。

このようなトレーニングは、
佐藤さんから言わせれば、数世代前のトレーニングと言わざるを得ません。
「じゃあ、一体、どんなトレーニングをすれば…?」

佐藤久佳の泳ぎが凄い!!

無理なく怪我のない泳ぎ方をマスターしてください

黄海匡士 先生

佐藤久佳選手が100m自由形で日本人初の50秒を切った時に関われた感動を今でも忘れることできません。その佐藤選手がDVDを出すということでその後も関わり続けた者として一筆を綴りたいと思います。

大きく泳ぐという言い方がありますが、大きく泳ぐとはどんなことでしょう。

実は大きく伸びきった体では、うまく力を出すことが出来ません。力を出すための形があるのです。また、治療家として数々の水泳による怪我をみてきた者として、その使い方によって怪我を防ぐことが出来ることもわかりました。このDVDには、基本的な体の使い方、腕、脚の使い方が出ています。これは私のところでもジュニアやマスターズの方々に、また現役の選手の治療や予防に行っています。この使い方を覚え、無理なく怪我のない泳ぎ方をマスターしてください。

“日本人が泳ぐべきクロール泳”のヒントがそこにはあります

森隆弘さま アテネオリンピック個人メドレー日本代表

日本で最も美しいと評された『佐藤久佳選手のクロール泳』。 本DVDは、佐藤選手のクロール泳はもちろんのこと、彼の代名詞とも言えるストリームラインや潜水ドルフィンキック、スタート局面とターン局面など、彼の活躍を支えたその神髄に迫った構成内容となっています。

佐藤選手は、身体の使い方や動かし方、その細部にまで意識を持つことの必要性を説いており、水中でそれらの動きを獲得するためには、基本となるドリルワークを反復する重要性を説いています。 パワーやスピードがそれまで先行していなかったあの時代に、数々の偉業を為し得てきた理由、その泳ぎのメカニズムが明らかになるはずです。

我々が忘れかけていた、“日本人が泳ぐべきクロール泳”のヒントがそこにはあります。

スタートからゴールまでを一つの流れとして捉え、緻密に計算しつくされた『佐藤久佳選手のクロール泳』。

もっとキレイに泳ぎたい、より速く泳ぎたいという方々、必見です! また、現在伸び悩みを続けているトップスイマーの方々にも是非ご覧になっていただきたい内容となっています!!

監修者のプロフィール

生年月日 1987年1月12日
出身地 北海道
出身校 日本大学文理学部体育学科
職歴 2009年~2014年ミキハウス

■ 国際大会出場経験

2004年 Jr.ヨーロッパ遠征
2004年 Jr.パンパシフィック選手権 (ハワイ)
2005年 世界選手権 (モントリオール)
2005年 ユニバーシアード (イズミル)
2005年 東アジア大会 (マカオ)
2007年 世界競泳 (千葉)
2008年 北京五輪 (北京)

■ 主な戦績・記録

北京五輪3位 (400mメドレーリレー3位、100m自由形、400mフリーリレー出場/2008年)
世界競泳優勝 (400mメドレーリレー/2007年)
世界競泳2位 (400mフリーリレー/2007年)
日本選手権優勝 (100m自由形/2007年・2008年)
日本学生選手権優勝 (2007年前人未到の個人総合5冠達成、800mフリーリレー、400mメドレーリレー4連覇達成/2005~2008年、100m自由形、400mフリーリレー3連覇達成/2005~2007年)
高校総体優勝 (200m個人メドレー、400mフリーリレー/2004年)
国民体育大会優勝 (100m自由形/2005年・2008年、200mフリーリレー/2013年、800mフリーリレー/2004年、400mメドレーリレー/2005年・2013年)
夏季JO優勝 (100m自由形、200m個人メドレー、400mフリーリレー/2004年)
100m自由形 アジア記録樹立
2007年日本学生選手権/48秒91 (アジア人選手初となる49秒の壁を突破)

100m自由形 日本記録樹立
2005年 日本学生選手権/49秒73 (400mフリーリレー予選競技の第一泳者として、日本人選手初となる50秒の壁を突破。世界に遅れること29年、日本水泳界長年の悲願であった快挙を達成)
2005年 日本学生選手権/49秒71
2007年 日本選手権/49秒32
2007年 世界競泳/49秒22
2007年 日本学生選手権/48秒91
400mメドレーリレー 日本記録樹立
2007年世界競泳2008年北京五輪

現役引退後は、個人指導中心のスクールでジュニアスイマーからマスターズ選手までの
指導をおこなっている。

■ 主な各メディア実績

TV

テレビ朝日 Get Sports
NHK ミラクルボディー

雑誌

スイミングマガジン

初めまして。元・男子100m自由形日本記録保持者、北京オリンピック男子メドレーリレー銅メダリストの佐藤久佳です。

実は、限られた時間しかとれないマスターズ選手や、大人から水泳を始めた人でもクロールのスピードを短時間でアップさせることは簡単なのです。

キックの推進力を上げて、後半でも失速しない泳ぎは難しくありません。

お客様の声

少ない練習時間を120%有効活用できる!

宮田慎吾さま、 40代 会社員

会社員でなかなか平日はトレーニングが十分できないのですが、佐藤久佳さんのこのプログラムには、限られた短い時間を効果的に使える練習メニューがたくさんありますね。

自分のベストタイム更新だけが喜びで、マスターズ水泳を楽しんでいます。

学生時代に水泳は部活で、そこそこの成績を収めていましたが、専門は平泳ぎでした 長いブランクを経て健康の為に、今は腰に負担の無い自由形を楽しんでいます

キックでの推進力に自信が無いのが悩みでした。

会社帰りの夜遅めの空いた時間帯に30-40分しか時間が無いので
計画的にメニューを組んで、佐藤先生のキックのドリルを実戦しました。

7個ほどのキックのメニューがありましたが、それぞれの目的、意味を佐藤選手がきちんと解説してくれています。

今までは、漫然とボードでの練習だけをしがちで、必要以上に時間をかけていたことが体感できました。

一つのドリルを短い時間に集中して行うことも重要ですね。

プルブイを挟んで行うキック、上体をやや傾けながらキックその他、フリースタイルのキックのスピードアップに必要な、コツが非常によくわかります。

短い時間で効率的なトレーニングをしたい、私のような時間の無いサラリーマンに最適だと思います。

頭打ちだったベストタイムが更新できました。

60代女性  Mさま

佐藤先生、ありがとうございます!  腕の力が弱くて、速く回転ができないことでなかなかタイムが伸びませんでしたが、
先生の指導してくれたスカーリング動作や、プルのいくつかのドリルを地道に実践してみたら、思ったよりも効果が早く出てびっくりです。

ベストタイムをこの一ヶ月で、2回も更新しています。

クロールは必ずしも腕の力だけではないんですね。そう思い込んでいました。
若いころから泳いでいたわけではないので、60代マスターズの部で、出ることだけが楽しみのようなおばあちゃんスイマーでしたが、練習にとても参考になりました。

一番役に立ったのは、前半でのスカーリングに関するいくつかのドリルのこと。

そして、プルの動作を、いくつかのテーマに分けながら解説してくれたところです。

重要なポイントの一つが、ひじの使い方であること。
その肘の間違った使い方をどう修正するかが、佐藤コーチの実践とお話ではっきり分かりました。

弱いと思っていた腕の掻き全体の苦手意識が減ったことで、泳ぎのバランスが良くなったようです。

これからもタイムを伸ばすため、頑張りたいです。

レース後半のペースダウンがなくなってきました

藤田蒼汰くん 中学2年生 13歳

僕は中学の部活で自由形の選手をしていて、50m 100mと
あと、リレーにもよく出させてもらいます。 
小学校3年からスイミングスクールで水泳をやってきましたが、今は学校の部活一本です。

タイムは部のなかでは、男子では1番速いのですが、スタミナが無くて、
前半でものすごくダッシュして、逃げ切る感じの泳ぎでした。

顧問のコーチからは、前半から後半への泳ぎのストリームラインが、不安定になるからだとよく言われてきました。

でも、どういうトレーニングを行うと、後半のスピードを普通以上に落とさなくなるのか、わからなかったのでこのDVDで、スイムのフォームの見直しから泳ぎ方を勉強しています。

泳ぎ込みばかりでは、全く駄目なことが解りました。
僕の場合、疲れてきたら泳ぎが普通の選手以上に雑になって水を掻く時の肩甲骨の状態が、佐藤先生が説明する良い状態とは 違っていて、ローリングがコンパクトな形になっていないようでした。

正しい泳ぎをしっかりと身につけて、よい試合結果を出す自信がドンドンついてきました。

劇的に短水路マスターズタイムがアップしました!

小柳信太郎さま 20代 自営業

フリーのスピードアップのコツが凄くよくわかりました。

マスターズ水泳の短水路にもっぱらはまっているスイマーです。フリー50&100で 両方で非公式のタイムですがベストを 更新中ですが、秘密はこの佐藤久佳コーチのDVDです。

今までのドリルを基本から見直して実践したことです。

ストロークでガンガン突き進むスイムですが、大きな壁にこの一年半ぶち当たっていたのです。体力に任せた泳ぎ込みばかりやっていましたが、無理に6ビートを4ビート変えようとか、あれこれ悩んでも徒労に終わることだらけ。

最も、ネックになっていたのは、レース後半のタイムと前半の大きな差です。このDVDの中の練習メニューは、細かくメニューが分かれていたのでどんなドリルがどのような目的なのかが分かりやすいので、客商売で練習時間が定期的に取れず、時間自体も少ない私には、ピンポイントで目的をもって練習できるところが重宝しました。

パワーじゃなく、ゆっくりとフォームの見直しを重視するだけでも思いっきり効果が出ます。

本当に助かりました。
これからも繰り返し練習に取り入れてみます。

綺麗なフォーム&「速く泳げる」喜びに浸っています!

百田さま 20代 女性 会社員

トップスイマーの佐藤久佳様のDVDをこっそり練習にとりいれてスイム仲間の一歩先行く優越感を感じています!

OLで、限られた時間しかプールに行けない中、フリースタイルのスピードが上がってきました。 

私は健康の為、4年ほど前にフィットネスクラブで、趣味で水泳を始めました。
泳ぎは好きな方だったし、美容と健康の為と思い真面目に取り組み、最初は競泳でなく、美しいフォームでかっこよく泳げるのが目標でした。

クラブ仲間の同年代の友人たちに誘われマスターズ水泳に出場した事を後悔しています。記録にこだわるようになってしまって。結構負けず嫌いの性格に火がつき、スピードアップにこだわって、こっそり友達には言わずに使っています。

オリンピック選手佐藤様の指導は、泳ぎを映像で見せてくれることも重要ですが、各ドリルの意味、目的や実践するうえでの注意点をしっかり言葉で理解させてくれるのが素晴らしかったです。

正しいストリームラインで、効果的な体の使い方を覚えると、女性でも滑らかにスピードアップが出来ることがはっきり体感できると思います。

このように、マスターズ水泳、競泳選手など様々な方々から相談を受けています。

さらに…

  • 練習する時間がない
  • 前半と後半に5秒以上差がある方
  • ラスト10mで失速する
  • 少し練習をサボると、すぐにタイムが落ちる
  • 呼吸の時にキックが遅くなる
  • キックの推進力がない
  • ペース配分がイマイチわからない

等々…悩みや疑問は様々なものがあります。
しかし実は、このような悩みや疑問は、
全てこのトレーニングプログラムで解決することができるんですね。

ここから、とても重要なことをお話しします。慎重に読んでください。
このプログラムでは、速いクロール選手、全てに共通している

『キックの推進力』
『試合でのペース配分』
『ストリームラインの作り方』

など、これ以外にも速いスイマーに必要な全てを、このプログラムで強化&改善し、
90日間でクロールの自己ベスト更新まで、もっていきます。

これは『才能』や『センス』と全く関係ありません。
私がこれまで20年以上、現場で色々な選手と関わり、
肉体改造や動きを上達させるための指導をしてきた経験から、
『限られた練習時間しかとれない人や、大人からマスターズ水泳を始めた人』まで、クロールの【コツ】はもちろん、記録が伸びるポイントを総合的に、結果が出る内容にしています。

もう一度言います。
実践すれば、必ず結果が出ます。

また、ケガや、突然全力で泳げなくなるといった、間違ったトレーニングではないので、
将来、肩や腰、膝を壊すようなことは一切ありません。
むしろ、そうならないようにメニューを組んでいるので、100%安心して取り組んでください。

一般では指導されていない上達法とは?

「体格に恵まれている人でないと無理だろう」
「多くの時間が必要なのでは?」
「大人から始めたマスターズ選手には無理だろう」

ご安心ください。とても簡単で、一人でできます。
決して『無謀な辛いトレーニング』ではありません。

実は、大きく分けて、スイマーとしての効果的なトレーニングは、たった3つのことを意識しながらトレーニングするだけなんですよ。

  • 1、効率の良い体の使い方を知る
  • 2、水を上手に捉える感覚を身につける
  • 3、心と体のバランスを良くする
    ※簡単ではありますが、一般では指導されていない、効果が出る独自の練習方法です。

どうでしょうか?
たった3つ。すごく簡単だと思いませんか?

自由形のスピードアップ
後半でも失速しないキックの推進力
少しでも長く現役で活躍するためのケガをしにくい体

を手に入れるためには、この3つを意識してトレーニングすることが大前提になります。
「本当に、スピードがアップするんでしょうか…?」

ほとんどの方は少なからず、そのような心配をされていますが、
佐藤さんが指導した方々は、100%タイムを上げることに成功しています。

その実績が買われ、個人指導中心のスクールでメインコーチを行うまでに至っています。

このプログラムは 『短期間でスピードアップする』だけではなく、
『スイマーとしての理想的な体』も手に入れることができます。

あなたが、

クロールのスピードを上げたい
後半に失速しない泳ぎをしたい
正しい練習法を知りたい

と考えているなら、このプログラムはあなたにとって、とても重要なものになります。
あなたが、今抱えている悩みが全て無くなります。

限られた練習時間で効果が出る練習法とは?

“水泳における夢と目標”それらを叶え、達成する喜びを皆様と分かち合いたい“

現役引退後、佐藤さんは、このように考えるようになったそうです。

レースに挑むにあたっての心と身体のバランスや、効率の良い身体の使い方、水を上手に捉える感覚など、佐藤さんの培ってきたもの全てを伝えていきたいと思ったそうです。

自らの経験を最大限に活かし、お一人おひとりの“夢の体現”を全力でサポートする覚悟を佐藤さんは持っています。

実は、このホームページをオープンさせた理由は、
それはとても単純な理由なんです。

現在、指導する立場の人がトレーニングについて熟知していないことが原因で、
ケガをしたり、体を壊す(ダメージが蓄積されて治りにくい)
といったスイマーがとても多いんです。

また、自己流でトレーニングを続けているけど、思ったように効果がでない
という人もかなりいます。

自己流のトレーニングは大抵効率が悪くて、バランスも崩れてしまいがちなんですね。
身体の仕組みを理解していないことも原因の一つです。

オーバーワークをさせたり、筋肉が大きくなるだけでは意味がないんです。
特に、オーバーワークは100%間違っていますね。
トレーニングというものは、単に体をいじめるためのものではないんです。
確かにトレーニングは、負荷をかけて体を強くするためのものですが、
間違ったトレーニングを続ければ、体にダメージが残り、
結果的に現役で活動できる期間を縮めてしまいます。

ですから私は、全てのスイマーに、少しでも早く、
今すぐにでも、『効率的な練習で成果が出るトレーニング』
知ってほしいと考えたんです。

そんな思いから、この『自由形スピードアップ!プログラム』を作って提供することにしたんです。
繰り返しますが、この『自由形スピードアップ!プログラム』では、
スイマーとして『限られた練習時間しかとれない人や、大人からマスターズ水泳を始めた人』まで、自由形の【コツ】はもちろん、記録が伸びるポイントを
映像と解説で分かりやすく紹介します

実践すれば、
総合的に、結果が出るトレーニング方法を詰め込んでいます。
このプログラムの一部をご紹介すると・・・

自由形を速くする、キャッチ、プル、フィニッシュをパワーアップさせる秘訣とは?

4泳法で最も速く泳げるのがクロールであることは皆さんもご存じのはずです。なぜでしょうか?
強力なキックによる推進力はもちろん、左右対称な滑らかで力強いストロークがその源です。
このDVDでは、ストロークを一つ一つ分けながら、最もわかりやすく、しかもトレーニングしやすい方法で身につけてもらいます。コツや秘訣をふんだんに盛り込みました。

後半のスパートで、一気にスピードアップする選手のトレーニングとは?

耐久力、要はスタミナがあるに越したことはありませんが、クロールのスイムを、細かくパーツごとに分け、最も無駄のない力で最高の推進力を得るお勧めのスカーリング、キックのドリルがあります。いくつかのものをじっくり実践することで、スタミナに自信が無くても、後半失速しない効率的なスイムを習得できます。

理想的なストリームライン習得の最重要ポイントとは?

ストリームラインの組み方をしっかりと理解してください。
正しい実践が無いまま、スイムのトレーニングをする選手は、まずこのDVDで、耳の位置、顎の位置を意識した手の伸ばし方からしっかり理解しましょう。
簡単なことなのですが、わかったつもりでトレーニングしている選手に限って疲労してきた時に、人一倍姿勢が崩れ推進力を一気に落としています。

キックが進まないスイマーに共通する間違った蹴り方とは?

水面から足が出ないことをまず意識しましょう。水をたたくことと、蹴ることの違いを感じることが重要です。Boardを持って行うキックについて、正しいやり方をお見せしましょう。 
蹴りこみの方法で、推進力を得られない選手には、ある悪い癖が見受けられます。
DVDで学んでください。

どうしても足が下がってしまうクロールの矯正法とは?

ストリームラインを正しく維持するスキルが足りない証拠です。
お尻の力の入れ方とキックの際の足首の使い方に問題があることが考えられます。
出来ていると思っていても、必ずチェックして欲しいポイントです。

スピードアップを妨げる、見落とされがちな悪いストリームラインとは?

ストローク動作への力の伝わり方が、間違った肩、肩甲骨の使い方で阻害されます。
肩甲骨を落とすことと同じく、〇〇の動作がパワーあるストロークに重要です。
DVDでお見せしましょう。

クロールで推進力を生むための最重要ポイントとは?

リカバリーの時、前方への「重心の移動」をどのように行うか?が最重要ポイントです。
ドルフィンクロール、即ちクロールのストロークとバタフライのキックを組み合わせたトレーニングが極めて効果的です。正しいやり方を詳しく説明します。

ストロークのピッチを上げるための効果的方法とは?

脇や肩甲骨を伸ばしながら速く泳ぐ事が重要なのですが、肩甲骨の使い方、とりわけ伸ばし方をしっかり理解して実践できるようにしましょう。
正しいフォームを身に付ければ、疲労を最小限でのスイムが可能です。

まっすぐ進まず沈んでしまいがちなクロールの矯正法とは?

お腹をへこませる方法にちょっとした工夫が必要です。反り過ぎ、丸まり過ぎが間違いだということはわかると思いますが、適正な加減を体得するにはコツがあります。
映像を使って解説しましょう。

プッシュ動作で重要なポイントとは?

押した水が太ももに当たるプッシュが大事です。プッシュ・スカーリングの練習方法とその注意点をDVDで学んでください。リカバリーへつながる流れの為にも重要な注意点を解説します。

▼ 更に、まだあります。

入水が深いスタートで、浮上で勢いを落とし失速する選手の共通点とは?

「遠くにジャンプできない」それだけがスタートでの出遅れの原因ではありません。
入水してからのストリームラインが綺麗に組めていないから出遅れてしまうのです。
"体幹"に力を入れて、自分のストリームラインをチェックし修正する方法をお見せしましょう。
また、苦手な選手にありがちな、手を上げて浮上するのではなく、スムーズに浮き上がる為のコツをお見せしましょう。

後半までペースダウンをしない、水の抵抗を最小限にするストリームラインとは?

生徒を指導してきた中で痛感したことがあります。
綺麗なフォームを意識して作ろうとするあまり、水の抵抗を受ける面積が広がってしまっているスイマーがいます。肩や肘の柔軟性にも問題はあります。
上半身の使い方を中心に解説しました。抵抗を受けない姿勢は難しくはありません。

最も効果的に、強力なキックを身につける方法とは?

スイムに近い状態での、Board無しで行うキックの練習は十分時間をかける価値が有ります。
これをしっかりマスターするために、しっかりDVDでの解説を見て練習してください。

キックの足がどうしても開いてしまう時の矯正法とは?

水をとらえる面積が狭くなってしまうのはよくありません。足を閉じてキックを細かく打つことが重要です。やりにくいですが、プルブイを挟んで回転数を細かくしっかり打つ訓練をしましょう。
内転筋の強化がポイントです。

強力なストロークを身につけるためのとっておきの練習法とは?

より多くの水をとらえる為には手の平だけでなく、前腕全体を使うことが極めて重要です。
手をじゃんけんの「グー」にして行うスイムで練習しましょう。肘の使い方に見落とされがちなコツがあります。
進まなくても焦らず、しっかりFistスイムを続けて練習してください。

スピードアップに効果大、水を掻く腕の動作の注意するポイントとは?

水を掻くポイントですが、肩幅よりも〇〇側が最も力が伝わりやすく、推進力を生み出せるという点です。
無駄な力を使い疲れやすいだけでなく、大事な推進力も落としてしまう間違ったストローク動作を具体的な映像で目にして下さい。正しい運動がどのようなものか解ると思います。

限られた短時間の練習でも可能な、プルのトレーニングで最も意識すべきこととは?

多くのクロールのスイマーが知識では知ってはいると思います。水を抑えている時に「小指」側を意識することが必要です。
その理由と、実際にスピードアップに直結する実践方法を私がお見せしましょう。
親指を意識した掻き方をしていると、肘への悪影響が生まれスピードアップに逆効果です。

せっかくリードしているのにターンで抜かれてしまう選手の特徴とは?

ターンが苦手でそのような悩みを抱える選手を多く見てきましたが、回転自体の速さだけにこだわる傾向があります。大事なことは壁を蹴るタイミングです。
よくあることですが、力を貯めて脚の力だけで蹴り出そうとしてはいけません。
〇〇を利用して離壁するコツを伝授しましょう。

後半にバテてしまうスイムの大敵、お尻の大きな上下動の矯正法とは?

「目線がどこにあるか?」を確認することも重要です。目線が〇〇を向いてしまうとそのような上下動の激しいクロールになり、スピードアップを達成できません。
この悪癖は絶対に矯正しましょう。

リズムもバランスも悪い左右のストロークの改善法とは?

フロントとプッシュ、両方のスカーリングのトレーニングの効果的なやり方をお見せしましょう。
最初はキャッチとプッシュをゆっくりした動作で行いましょう。

▼ 更に、まだまだあります。

頻繁に肩を痛める選手がよくやる間違ったフロントスカーリングとは?

キャッチ動作の際に、肩から回すことで水をとらえる面が狭くなる傾向があります。
肩幅よりも内側で肘を立てて力強く掻く動作をする選手がいます。

試合で活きる、自由形のストロークの強化ドリルとは?

前への重心移動の仕方を身体に最も覚えさせるドリルが必要です。
「2ストローク1パワー」のドリルが、よりスイムのパワーアップにつながります。
ドルフィンクロールでの練習成果をさらに確実にするトレーニングです。

綺麗な自由形のボディーポジションを維持できない選手の共通点とは?

挙上スイムの状態で2スイング1ストロークのドリルを説明しましょう。
非常にきついトレーニングですが、最もスピードアップに効果が出やすいトレーニングです。頑張って練習に取り入れてください。形の良いボディーポジションを身に付けられます。

綺麗なクロールを泳ぐために最も重要なこととは?

自分でストロークが正しくできているかわからない選手はきれいに泳げません。
水中で確認はやりにくいので、陸上でストロークチェックを行う方法を詳しく説明しましょう。また水中では、呼吸動作を入れずに確認することがポイントです。
シュノーケルを使ってのセルフチェックが重要です。

ストロークの回転数をアップさせるトレーニングとは?

陸上でクロールのストローク回転数を上げるには、タオルや棒などを上手く使って練習する方法を紹介しましょう。自宅でもどこでもできる練習ですので、肩甲骨を開きながら、肘の運動の確認ができます。必ず実践していただきたい トレーニングです。

カッコ良くてスピードも出るストロークのコツとは?

S字、I字クロールについて詳しく解説します。クロールの初心者や、伸び悩んでいる選手に誤解されやすいのですが、前から見ると小さなS字形になることの良い点・問題点を話しましょう。

どうしても肩が痛くなるクロールの問題点とは?

このDVDではいろいろなストロークのドリルを解説しました。肩の柔軟性とか、筋力の問題と勘違いされることがありますが、正しいストリームラインと肘、肩甲骨の使い方に何らかの変な癖がある選手がそのような悩みを持ちます。正しいストロークの練習法をお見せしましょう。

時間が無い人でもできる、クロール上達のための「目線」の注意点とは?

顎を引けとか、真下を向けというのは必ずしも正しくありません。進もうとする方向への意識の置き方、首、顎が重要ですのでキチンと理解してください。

スピードアップに直結するキックとプルのコンビネーションのポイントとは?

体幹から全て、キックの足もプルの腕もつながっています。プルの時、腕だけの力ではなく体幹全体から力が伝わる意識。
キックでは肩から足がつながっているという感覚を意識することが重要です。
この練習でリズミカルに足と腕の連動を体得しましょう。

短時間でも効果抜群!スピードアップ直結のプル動作上達法とは?

パドルを使って、効果的なプル動作が出来ているかどうかをチェックできます。
グリップパドルスイムのドリルです。推進力を出すために上腕を上手く使えているかの判断は、肘の使い方でわかります。
肘から引いてしまうと、誰が見てもパドルがパカパカ動き、プルが正しくできていないことがわかります。

どうしてもターンの後、曲がってしまう悩みを解消した練習とは?

壁を蹴ってからの姿勢は、次のスイムへ繋げる重要ポイントです。
回転しターンした後は、スタートの後の姿勢と同じになるのが理想です。
どのような練習をすべきか?DVDで解説しましょう。

レース後半失速の最大原因、呼吸時に身体が沈んでしまう悩みの解消法とは?

片手スイムのドリルを応用したやり方で練習しましょう。
非常にやりにくいトレーニングですが、実際の試合での激しい動きのスイムでも正しい呼吸法とリズムを維持できるようになる為には、このトレーニングが効果的です。左右両方で呼吸ができることが、クロール上達のポイントです。

ストロークの力が弱い選手がまずやるべきドリルとは

ヘッドアップクロールのドリルの効果を体感しましょう。
手の入水の位置を確認できないと、練習のための練習になり上達が遠回りになります。
このトレーニングでストロークの強化が可能です。

疲れると手が上がらなくなる選手のストローク強化法とは?

ストロークの強化には、キックを打っても上体が沈まない姿勢を作ることが必須です。挙上スイムのドリルを紹介しましょう。ボディーポジションをしっかり保つことで、ストロークにも好影響を与え、その強化練習の効果が倍増します。

スピードアップに必須、大量の水をしっかりキャッチするスカーリング習得法とは?

正しいフロントスカーリングを説明します。昔の8の字スカーリングではなく、二の腕の内旋外旋が重要です。○○を回す動作はNGです。
その動作の基本を徹底的に解説しましょう。

これはトレーニングメニューに含まれているごく一部です。
もしかしたら、メニューの多さに驚かれているかも知れません。 しかし、安心してください。

自然な流れの中で、段階をつけてトレーニングしていきますので、
決して頭がパニックになることはありません。

各トレーニングには段階があり、その1つ1つがしっかりと結果が出るものなので、
どれをとっても大きな効果を実感できると思います。
水泳に限らずスポーツは楽しむものですよね。

辛い思いをしながら練習するより、
安全で、確実に、しかも楽に結果がでるほうが、
より楽しいですし上達も早い。
上達しないと悩んでいるより、
グングン力が付いて楽しみに変わったらどうでしょうか…?
あなたがこのトレーニングを実践することで得られるメリットの一部を書いてみると…

  • 短い時間の練習で成果が出る方法がわかる
  • 前半と後半でのタイム差が無くなる
  • ラスト10mで失速せず加速する
  • 少し練習をサボってもタイムを維持できる
  • 呼吸の時もキックの推進力を落ちない
  • ベストを出せるペース配分が身につく

今思いつくだけでも、これだけあります。
この簡単でシンプルなトレーニングをすることで、水泳がさらに楽しくなる。
速く泳げるようになり、フォームが安定することで自分に大きな自信が付く。
素晴らしい事ですよね。
そこで、

『限られた時間の練習でクロールが速くなりたい』
『後半でも失速しない泳法を身につけたい』

そんなあなたの為に、佐藤久佳式「自由形スピードアップ・プログラム」を作りました。
この「自由形スピードアップ・プログラム」は、
本来、私の個人指導の生徒のみに指導していた内容のものですが、
今回、要望が多いことから、
まずは限定(※)で一般公開することにしました。
※私が一人一人、個別サポートするためです。

しかし、これは何もトップ選手のトレーニングというわけではなく、
年少からでも実践でき、水泳の練習を楽しみながら、
短期間でスピードをアップさせる方法を、
余すことなく詰め込んだトレーニングプログラムなんです。

このプログラムを始めた人に、よくこんな質問をされます。
「え…?ほんとに、こんな簡単なトレーニングでいいんですか?」
この質問は非常に大切な事ですので、よく覚えておいてください。

実は、効率を突き詰めていくと、非常にシンプルなトレーニング方法になるんですね。
だけども、シンプルだからといって効果がでないというわけではなく、
非常に大きな効果をもたらします。

トレーニングが間違っていれば、いくらコーチの指導している方法でも、
誰よりもキツいトレーニングをこなしても、 体力はつくけどスピードアップには繋がらないですよね。

それは・・・
「効率的な練習」ではないんです。

コーチは、一方的に机上の空論を押しつけるのが仕事ではありません。
各人に合ったトレーニングメニューを作成し、指導することが仕事です。

現代では、たくさんのトレーニングメニューがあり、
トレーニング教材もたくさん揃っています。
しかしなぜ、思うように上達できない人がこんなにも多いのでしょうか?

何度も言うようですが、単に正しいトレーニングをしていないからです。

色々と本やコーチからトレーニング方法をインプットしても、情報が多すぎて混乱
している方も多いです。

現在まで、研究、指導してきた経験から言いますと、これはほぼ間違いありません。
このトレーニングプログラムを、この機会に実践してみてください。

日頃の練習で、一人で実践してもかまいませんし、
もちろん、指導に取り入れてもらってもかまいません。
プログラム通りに実践して頂ければ、スピードがアップします。

これは、言われてすぐに作ったトレーニングメニューではなく、
20年以上、水泳の現場での選手経験やライバルとの競争そして多くの選手に
関わって指導してきた
経験に基づいて作られています。
現在、伸び悩んでいる人たちにとって、性別や年齢、体力、センス、経験に関係なく、
効果が出るトレーニング法です。

水泳は、ご存じの通り、日本に止まらず世界で愛され続けているスポーツです。
水泳を思いっきり楽しめないなんてもったいない!
ましてや、楽しいはずの水泳が上達しないことで、
悩みになっているとしたら残念なことです。

目指している理想のスピード、理想のフォームを想像してみてください。
スイマーとしての力を高めれば、水泳の楽しみが、より一層深く味わえます。
現在、あなたが持っている苦手意識を解き放ち、
理想的なフォームで、
スピードをアップする泳法を手に入れてください。

ただし、お譲りするにあたり、
たった一つだけお約束して頂きたいことがあります。

それは、「このトレーニングプログラムを本気で実践すること」です。

どうでしょうか?
あなたは、このたった一つだけの約束を守れますか?
私は、このトレーニング理論を作り上げるまでに時間と情熱を惜しみなく注ぎましたし、
常に、効果的・効率的にトレーニングできるよう努力してきました。

一人のスポーツファンとして、トレーニングの楽しさ、
正しいトレーニングの重要性をより多くの人に知ってもらうため、
どんな競技にも対応できるよう研究したつもりです。
しかし、今回はちょっと違います。
今回は、特に速くなりたいスイマーにしぼり、
『実践すれば、大きく結果が出せる』
トレーニング内容でメニューを組み上げています。

あなたが今抱えている弱点を克服させるだけではなく、
さらに上の領域の水泳の感覚、楽しみを手に入れていただくためです。
同時に、少しでも多くの選手の力になる事が、私の役目だとも考えています。
ですから、あなたに負担がかからない金額にさせていただきました。

先着150名様限定で、17,000円でご提供させて頂きます。
キャンペーン価格をご希望の方は、お早めにご検討ください。

さらに今なら応募者全員に豪華特典付きです。
過酷なトレーニングの必要もありません。
ほんの少し、普段の練習メニューの一部を、
私の「自由形スピードアップ・プログラム」と差し替えて頂くだけで良いのです。
そうすれば、たった1ヶ月で、あなたは
今よりも速く泳げるようになり、
泳ぎこんでも壊れない強い身体を手に入れることができます。

特典1 推進力アップ保障

このトレーニングメニューは、既に実践すれば結果が出る実績とデータがあります。
ですから、あなたの推進力アップを手助けします!
もし、トレーニングメニューを半年以内に90日以上実践したにも関わらず、効果が全く現れなかった場合、ご購入金額・全額をお返しすることを約束します。
返金は下記の3条件を満たした方になります。

1、購入日から90日~180日以内に連絡を頂いた方
2、期間内にメールサポートを5回以上利用した方
3、DVD視聴後、2大会分のスコアカードの写真をメールで送って頂いた方

申請手順
返金の際にはメールで「名前・購入日時・口座情報」の3点を教えていただければ、
返品確認後、お支払い頂いた費用から、返金手数料(756円)を差し引いた金額を
10営業日以内にご指定の銀行口座にお振込みさせて頂くことをお約束します。
※返送にかかる送料はお客様でご負担願います。
上記規定以外の、お客様都合による返金は一切認められませんので、ご了承くださいませ。

特典2  メールサポート無料

佐藤さんが、あなたの専属トレーニング&コンディショニングコーチになります。
通常、別途費用を頂いているサポートを、今回180日間、完全無料でご提供します。
どのようにトレーニングすればよいのかは、DVDを見て頂ければ全てわかりますが、
個人で体格(筋力・体力)など違ってくる他、
特有の癖や抱えているケガの問題などもあるかと思います。
丁寧に個別でサポートすることにより、
より効果的に上達できる環境をあなたにご提供します!

●サポート期間  ご購入日から180日以内
●サポート回数制限  無制限
●サポートの連絡方法  購入後のメールと商品の同封書類でご案内します

通常価格24,800円 ⇒ 特別応援価格 17,000円(税込:18,360 円)
DVD2枚組 配送版 収録時間 121分
※別途 送料540円がかかります。

お申し込みはこちら

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。

お電話のお申し込みはコチラからどうぞ
営業時間 9:00 ~ 24:00(土日祝日も対応)

※当商品は、中古販売、キャッシュバックサイト等の出品を禁止しております。
その為、中古販売、キャッシュバックサイト等から購入されたお客様はサポート
対象外になりますので、ご注意お願い致します。

お支払方法

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。
 なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい 。

<発送について>

・毎週、月曜日~土曜日まで毎日の発送となります。(日・祝・年末年始・GWを除く)
・申し込み集中につき、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
 その場合は順次発送いたしますので、到着までお待ちくださいませ。
・配送会社はクロネコヤマトDM便(郵便ポスト投函)です。
・到着まで3日~5日かかります。あらかじめご了承ください。

よくある質問

子供が小学校低学年ですが、一人だけで見て、理解したうえで実践出来るでしょうか?
DVD内でのトレーニングの内容は、小学校低学年のお子様でも十分実践いただけます。
しかし、個人差はありますが、佐藤先生の解説の言葉が正しく理解できない箇所もあるかもしれません。親御様が一緒に見て頂き、噛み砕いて説明してあげた方が効果を確かなものに出来ると思います。
高齢のマスターズ水泳選手ですが、大丈夫でしょうか?
はい。
このプログラムは老若男女、年齢を問わず自由形のスピードアップを目指す方なら実践できる内容を盛り込みました。体力、筋力に合わせて、無理なく実践頂ければ、きっと効果を実感できると思います。
県内トップレベル、全国大会出場経験もある、競泳歴10年の競泳選手です。
内容は簡単過ぎませんか?
このDVDは、小中学生、成人、高齢のマスターズスイマーまでの広いレベルの一般スイマーのスピードアップを対象に、制作しました。トップレベルの選手には少々物足りない内容かもしれませんが、自己フォームの確認や修正、または再度の基礎固め目的でご覧になって頂ければ、十分お役に立てる内容だと思います。
特別応援価格 17,000円って高いの?安いの?
五輪選手レベルのコーチの個人レッスンやコンディショニングのアドバイスを継続的に受ければ、かなりの料金がかかります。それを抜きにしても、このトレーニングプログラムは、自由形のスピードアップだけに焦点を当て、約2時間以上のレッスン内容を盛り込んだ内容になっております。しかも回数無制限で180日間サポートも受けられます。この価格でのご提供は通常あり得ません。
インターネットで購入するのが不安なのですが?
ご安心ください。
弊社では信頼できる注文処理システム、決済システムを利用しております。どうしても不安な方は、発送などに多少時間がかかりますが、お電話を頂ければ相談に応じます。
返金保証とありますが本当に大丈夫でしょうか?
もちろんです。
DVDをご覧になり、その内容を繰り返し実践しても、効果が認められなかった場合、購入金額を指定の口座へ返金致します。(詳しい条件などは、【特別ボーナス特典1 推進力アップ保障】の欄を必ずご確認ください)
インターネット購入の場合、領収書の発行は可能でしょうか?
商品発送時に領収書は同封しておりますが、公費での購入など、宛名・但し書きにご希望がある場合、後日、別郵便で発送いたします。

更に、実践者の声をお聞きください。

自分だけのパーソナルコーチ指導 ともいえるおすすめのDVDです

酒井さん 20代 男性

このDVDの一番の魅力は、オリンピック出場選手であり、元日本新記録保持者の佐藤久佳選手がどのようなことを意識し、注意しながら泳いでいるのかを細かい解説の中で、頭で理解しながら見て、練習できることだと思います。

僕 のように大学から水泳を始めた人は、小さい頃から練習してきた人たちとは違い、感覚ではなく、頭で考え動きを理解しながら練習していきます。その中で、僕 自身も練習すればするほど、腕の角度、掻く時の腕の動き、体の使い方に疑問を持つことがあります。毎日コーチに見てもらいながら練習をすれば、動きをコー チに聞きながら、または見てもらいながら修正することができますが、個人で水泳をしているとなかなかその様な機会はありません。このDVDでは、腕の動き を動きごとにポイントをあて、どの様なことを意識していけばいいのか細かく解説されています。いわば、いまさら聞けないクロールの質問がすべて詰まってい る内容とも言えます。また、陸上での動きのイメージもすべてにおいて解説されているため、プールに行かなくても鏡を見ながら自分でセルフチェックできる内 容になっています。これから水泳を始める人、伸び悩んでいる人、教え方に困っている人。誰が見ても発見の多い内容であり、自分だけのパーソナルコーチ指導 ともいえるおすすめのDVDです。

このDVDには、速く泳ぐためのコツが詰まっています。

40代 女性

私は水泳を習い始めて5年になります。

今回新たな発見がいくつもありました。

このDVDには、速く泳ぐためのコツが詰まっています。

私はいつもコーチにクロールの左手が内側に入ってると注意されていますが、なかなか改善出来ません。それがこのDVDを見て、何故内側に入ってしまうのか、それが泳ぎにどんな悪影響があるのか、またどのようにしたら直るのか、わかりやすく説明されてるので、「これで直せる!!」っと手応えバッチリです。

ドリルワークが多く紹介されており、また見本の泳ぎだけでなく、悪い例も実演されているので、とても勉強になります。

何度も見て、これから自分の練習に取り入れたいと思います。 ありがとうございました。

自分の動きを見直すのに非常に役立ちました。

40代 女性

基本のストリームラインにはじまり、ターン・スタートといった、基礎の習得からスピードアップに向けての練習まで、丁寧に細かく説明されています。

見本となる泳ぎの美しさはもちろんですが、水上・水中両方から撮った前後左右斜めの映像は、一つ一つの動きがとても分かりやすいです。その練習の目的は何か、意識するポイントはどこか、といったことが理解でき、自分で練習する時にイメージしやすいです。

また、身体のどの部分をどのように動かして泳ぎに繋いでいくかというところも詳しく解説されていて、自分がなぜそれができなかったか、自分の動きを見直すのに非常に役立ちました。

(株)トレンドアクアより最後に・・・

「自分より練習を多くこなしている選手は山ほどいた」

と佐藤さんは言っていました。
では、なぜ佐藤さんはクロールで日本新記録を樹立や、オリンピックで銅メダル
をとることができたのか?

その答えは、
頭を使って日々、練習していたからだそうです。

急に、頭を使った練習と言っても難しいと思います。

なので、この自由形スピードアップ・プログラムでは、佐藤さんのノウハウは勿論のこと、
自分で頭を使って練習できるように内容を構成しています。

ジュニア競泳選手でも、大人から水泳を始めたマスターズ選手でも、
効率よく速くなるためには、このプログラムは必ず役に立ちます。

「忙しく限られた時間しかとれない人」
「大人からマスターズ水泳に挑戦している人」

は、一度このプログラムの方法を試してみてください。

特典の箇所でも、お伝えしたように本プログラムは180日間の返金保証を
つけておりますので、迷っている方は、この機会に試してみることをオススメいたします。

試した後は、ぜひ結果を報告してください♪
それでは、大成果のご報告お待ちしております!

追伸

提案を受けないと決断された方へ
最後まで読んで頂きありがとうございました。

正直、このプログラムを体験しなくてもクロールのスピードを上げることは
可能です。

ですが、もの凄く時間がかかると思います。
限られた時間しかとれない社会人や主婦のマスターズ選手ほど、
結果が出る時間を短縮する意味でも役に立つ内容だと思っています。

もちろん、どの環境や情報で練習するかは個人の自由ですので、
あなたが別の方法でクロールを上達させる選択をするのも正解だと
思います。

健康で思いっきりクロールを1人でも多くの人が楽しめることを
私は願っております。

通常価格24,800円 ⇒ 特別応援価格 17,000円(税込:18,360 円)
DVD2枚組 配送版 収録時間 121分
※別途 送料540円がかかります。

※当商品は、中古販売、キャッシュバックサイト等の出品を禁止しております。
その為、中古販売、キャッシュバックサイト等から購入されたお客様はサポート
対象外になりますので、ご注意お願い致します。

キャンペーン価格をご希望の方は、お早めにご検討ください。
180日間の返金保証付き
内容に満足しなければ、返金いたします。

お申し込みはこちら

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。

お電話のお申し込みはコチラからどうぞ
営業時間 9:00 ~ 24:00(土日祝日も対応)

お支払方法

■自由形