まずは、こちらの動画をご覧ください。

ダウンロードを軽くする為に画像の質を落としています。
本編は高画質DVDです。

以下の悩みは、水泳のスタート&ターンで悩む関係者からよく聞く声です。

  • 失速してしまう
  • 指導や練習がしづらい
  • バタフライ→背泳ぎなど個人メドレーでのターンが苦手
  • ポイントが分かりにくい
  • 練習方法が限られている
  • 細かいところは選手に任せきり

等々…悩みや疑問は様々なものがあります。

大会でスムーズな、スタートとターンで泳ぐ姿を思い浮かべると気持ち良いですよね。
でも、スタート&ターンの場合、独自の勘や最初に教わった方法 で 勝敗を分けてしまう特徴があります。

更に、体格や運動神経で差がつくこともあります。
自分より大きい、運動神経がいい人などは、上を見るとキリがありません。
しかし、安心してください。
他の技術と比べてスタート&ターンは、生まれ持った才能や能力がなくても、
細かい改善方法を知ることで苦手から得意になれるのです。

世界水泳選手権大会リレーコーチも務める村上 二美也さん がメインで指導します。 

監修者のプロフィール

スタート&ターンを制する者がレースを制する理由とは?

スタートやターンほどタイムと直結し、練習の結果が出やすい局面もありません。
スタートからの15m、そしてターン後の15mは潜水が認められているため、
場合によってはレースの半分はこの局面だということになります。

つまり、スタートとターンをロスなく行うことが、全体のタイムを大幅に縮めることにつながっていくということなのです。

そこでこのプログラムでは、いかに無駄なくスタートやターン動作を
行うか解説をしています。

もう少しで標準タイムがきれる!
そんな選手は、スタートとターンを改善するのが一番なのです。

バタフライ → 背泳ぎは難しい?

個人メドレーは、
バタフライ→背泳ぎ→平泳ぎ→クロール の順で
泳ぎますが、各泳法で当然ターンのコツは違います。

正直、各泳法順でターンの細かい改善までしているスイマーは、ほとんどいません。

だからこそ、各泳法別に細かい改善をすることでタイムが伸びるのです。

  • バタフライから背泳ぎ
  • 背泳ぎから平泳ぎ
  • 平泳ぎからクロール

の全てをマスターするコツも知ることでライバルに勝てるようになります。

その他にも

  • 近年導入された、バックプレート付の台を用いた方法
  • ビート板での回転練習
  • パドル・フィンでの回転練習
  • チューブでの回転練習
  • ターンの「離壁」
  • タイム計測ドリル
  • スタート強化の補強トレーニング

などなど公開いたします。

スタート&ターンで最も大切なこととは?

プロフィールで、村上コーチと古賀コーチの実績をご紹介しました。
各泳法を個別で教えているプログラムは他にもあります。

ですが、

各泳法別でスタート&ターンのコツと練習法に集中して取り組んでいる
プログラムは他にはありません。

実績がある人ほど、教え方も上手いとは 限りません。
スポーツ界の歴代の監督を思い浮かべても、
選手の時は超一流ではなかったにも関わらず、 監督としては素晴らしい成績を収めている指導者はたくさんいます。
選手としての能力と、指導者として一人一人の 潜在能力を上げられる能力は違うということです。
村上コーチと古賀コーチは、研究を重ねて最も大事なことに気づいたのです。

「とくに“選手目線”で教えられるかが大切」
難しい言葉で厳しく指導しても、選手は理解できず結果がついてきません。
むしろ苦手になってしまう可能性もあります。

では、具体的にどのようなトレーニングが効果的なのでしょうか?

水泳スタート&ターンを攻略するプログラムとは?

ターンの回転力をパワーアップする、一般には指導されていない練習法とは?

ビート板の浮力と抵抗を上手く使った、ターンの回転力アップのトレーニング方法をお見せしましょう。とにかく、回転スピードを上げる方法です。入り、回転そして転換への推進力を限りなく効果的にする、一押しの練習法です。
是非実践してください。

タイムロスしないためのターンの回転速度アップ法とは?

クロールや背泳ぎでのターンで、せっかく上手な「入り」ができるのに、回転が遅くなって推進力を大きく落としてしまう選手を多く指導しています。 出来ない選手は、両掌を水底に向けたうえで、胸が腿につくような感じで頭を突っ込む時に間違ったやり方をしています。
矯正方法をお見せしましょう。

最重要の基本的飛び込みスタイル「グラブスタート」のポイントとは?

両手で台を押して飛び込むことが重要です。簡単なようでも下手な選手がいますので、3つのステップに分けて詳しく解説しましょう。
前傾姿勢の取り方、そして何よりも高く遠くそして水平に飛ぶことが重要です。

飛び込みでの勢いを上手く活かせない選手が見落としている水中でのポイントとは?

入水後、ストリームラインからバタ足での浮き上がりでの重要点は、どのタイミングでドルフィンキックを打つか?に懸っています。飛び込み後、スピードが〇〇の瞬間までのストリームラインの姿勢を保つことがポイントです。

バタフライの入水後の推進力を落とさない秘訣とは?

水中で維持するストリームラインを作り、素早く細かくドルフィンキックをする練習をして下さい。一層の推進力を生み出すためのコツをしっかり学んでください。

トラックスタートを効果的に上達させる一押しの指導法とは?

トラックスタートで手が速くなりがちなケースが多く見受けられますが、頭から先に飛び、それから腕を前方に持っていく意識を選手たちには指導しています。

バサロキックが苦手な背泳ぎ選手のスタート練習法とは?

浮き上がりに重要なポイントがあります。バサロキックから浮き上がることが下手だと大きなタイムロスになります。浮き上がり方はバサロキックで行う方法と、バサロから浮き上がる時にバタ足で推進力を加える方法の2つがありますが、違いを説明しましょう。

キックスタートを効果的に利用する際の注意点とは?

最近の飛び込み台でバックプレートがついている物の場合、非常に遠くへ飛ぶことが出来るので、自分の身長を鑑みた位置で調整し、スピード、蹴り出しそして角度に注意が必要です。 映像を繰り返し見ていただき手本としてください。

やってはいけない、キックスタートの足の置き方とは?

構え方に注意すべきポイントがあるのですが、きちんと説明されていないことが多いです。爪先の向きを雑に考えている選手を多く見かけますが、足を水平に置くことが重要です。斜めに置く選手がいますが、〇〇に力が伝わらないため、タイムロスにつながりますので注意しましょう。

入水角度を理想的な45度にどうしてもできない選手がやるべき、飛び込み矯正とは?

「指先、頭、腰そして足」を一直線に一点入水できるように練習する方法をご紹介しましょう。入水角度45度程度にすることは効果的タイムアップに不可欠です。しっかり学んでください。

推進力が出ない背泳ぎスタートに悩むスイマーが見落としている注意点とは?

背泳ぎのスタート時の手の握り方はこだわる必要はありません。やりやすい方法で結構ですが、重要なことは、足の構え方とセットする位置には慎重になっていただきたいです。足の裏が水面に出る比率はキック時の身体の水上での運動に影響があり、抵抗を受けない意味で重要です。

飛び込みの成果の評価が解らない時の対策とは?

蹴る力、入水角度そして水中での姿勢を計測する方法があります。このタイム計測ドリルは極めて効果的なものですので、是非トレーニングに導入してもらいたいと思います。

他の選手と比べ背泳ぎスタートで遠くに蹴り出せない選手の悪癖とは?

しっかりと蹴り出すには、重心を〇〇へ持っていくことが最重要ポイントなのですが、力が入るあまり、その基本が出来ていない選手を見かけます。 背中から落ちないような蹴り出しを練習しましょう。一点入水が重要ですが、角度が大きく深く入り過ぎてしまうケースが見受けられます。映像で紹介しましょう。

平泳ぎのスタートで苦手にしてほしくないドルフィンキックの打ち方とは?

一かき一けりの時のドルフィンキックは、極めて重要な推進力を生みます。入水後のストリームラインをしっかり作り、一かきのタイミングとキックのタイミングの取り方を学びましょう。
このタイミングが命です。必ずマスターしてほしいテクニックです。

クロールでのスタート後の浮き上がりが遅いスイマーに必須の練習法とは?

入水後の動作は極めて重要です。2つのパターンがあります。ドルフィンキックからのバタ足での浮き上がるパターンと、バタ足のみで浮き上がるパターンです。それぞれ一長一短ありますが、映像を見ながら学んでいただけると思います。

スタート上達のための陸上でできるトレーニングとは?

スクワットジャンプが効果的なトレーニングです。反応力をアップするために選手には必ずやらせています。一見単純ですが、反復トレーニングで徐々に成果をアップできる方法ですので、いくつかのパターンをご紹介しましょう。また、背泳ぎの選手だけでなく、全てのスタイルに必要な柔軟性アップに効果的な、ブリッジトレーニングもお見せします。

背泳ぎターンの入りで、大きく減速しない為のコツとは?

上体が90度以上下向きになったところからの掻き方のルールを念頭に入れ、以下にスピードを落とさずにターンの入りの姿勢へつなげるか?詳しく解説しましょう。動作を体得しスピードを上げる練習です。
キックをしっかり打つことも大事ですので注意点を説明します。

クロールと背泳ぎのターンの入りで減速してしまう選手が怠っていることとは?

陸上でのターンの入りの形を丁寧に練習するコツをご紹介しましょう。ストロークの左右の手のスピードを工夫し減速しないための注意点があります。3人の選手の例を使って説明しましょう。

速いスピードからのターンが出来ず減速してしまう悩み解決法とは?

飛び込みからの回転練習方法を選手たちには練習させていますが、このDVDではその方法を公開しましょう。スタート練習とセットで行うのも効率の良いメニューです。ターンで減速しない回転はスピードアップを目指すスイマーの最大の課題の一つです。

いつも深く入りすぎてしまう背泳ぎスタートの矯正方法とは?

深く入りすぎると前方への姿勢が取れず、推進力を大きく削いでしまいますよね。どうしたらそれを防げるか?映像を見ながら学んでいただければと思います。

柔軟性のある美しいスタートが出来ない選手の為の、身体トレーニング法とは?

「逆イルカ飛び」トレーニングが効果的です。膝を少し曲げて、腕を〇〇に振り上げて入水する練習方法です。このトレーニングを行うと無駄のない美しいスタートが切れるばかりでなく、タイムアップにもきっと成果を得られるでしょう。

トラックスタートが優れている、水中での効果とは?

片足を後ろに置きますが、重要なのは体重を後方に置きながら、飛ぶことです。
グラブスタートに比べ反応は遅くなりますが、水中での〇〇がより効果的です。

背泳ぎのターンの「入り」がどうしてもうまくできない選手の練習方法とは?

陸上で正しい動作を必ず理解してから水中実戦をして下さい。
背泳ぎのターンのルールを上手く利用した練習方法をまず陸上でご紹介しましょう。選手たちの実際の動きの悪い点を指摘しながら解説しました。繰り返ししっかり見てください。

タイム短縮に不可欠な、バタフライと平泳ぎのターン動作のコツ?

壁についてからの方向転換のやり方が非常に重要です。内側の肘を引かずに転換しようとするスイマーを見かけますが、タイムロスします。必ずやらなければならない肘の使い方、そして外側の腕の効果的な振りかぶり方について詳しく説明しましよう。

タイムロスをしないクロールのターンの入り方とは?

「入り」の巧拙がスムーズなターンが出来るか否かを決めます。陸上で手のひらの使い方を中心に実践トレーニングを行いましょう。しっかりと腕・手の使い方のコツをつかんでから、水中での実践に移ります。

短水路でのスタートでもっとも気を付けることとは?

スタートとターンの重要性は繰り返し説明します。とりわけ短水路では飛び込みの推進力を強め、ターンでの減速を最小限にすることがマスターズ水泳であれ、何であれ決め手です。シニアスイマーでも実践可能な練習方法をご紹介しましょう。

リアクションタイムをアップさせる、とっておきの練習法とは?

水中、水上での反復練習、筋トレも大事ですので徹底的に解説しました。フライングを犯さない為には単に勘だけでなく、技術がものを言います。構えのフォームからの段階練習でスタートでのダッシュ力を育成しましょう。

タイムアップにつながるスムーズなクロール・背泳ぎターンの「入り」習得法とは?

ターン直前の一掻きの掻き方、そして掌の使い方にコツがあるのですが、ターンが苦手な選手はその重要性を見落としています。回転しようとしてもうまく回れません。このDVDを繰り返し見て、練習してください。コツを解説しました。

バタフライと平泳ぎの入りから回転が遅れるスイマーの悪癖とは?

簡単なようで意外と見落とされがちなスピードアップのコツがあります。バタフライと平泳ぎの入りから回転が遅れるスイマーは壁について体を回転させる時の腕の使い方で巧拙が分かれる傾向があります。陸上での解説から水中での実践練習を、通して解説しましょう。

最短でスピードアップするためのターン練習メニュー策定方法とは?

負荷を与える方法をDVDの後半で解説しましょう。種目・距離・特性で判断しながら練習方法を組み立てることが出来るように解説しました。ノーブレイン&アウトターン、前後5メートルだけ息継ぎをしないで行うトレーニングなどを、いかにメニューに入れていくか?きっと解ってもらえると思います。

泳力が同じ相手に負けてばかりのターン下手くそスイマーにお勧めの練習とは?

ロングチューブを使って負荷をかけたトレーニングをご紹介します。二人一組になることが必要ですが、きわめてターンに入る推進力に効果的です。さらに必要なのはもちろんターンのスピードです。このDVDの主要テーマです。しっかり解説しましょう。

ターンが上手くできないスイマーが陥っている着壁時の姿勢とは?

壁を強く速く蹴る為の練習方法を紹介しましょう。接地した時、スクワットをした時の姿勢をイメージしながら大事なポイントを体得してもらいましょう。

クロールのクイックターンのスピードを上げる、離壁テクニックを上げるには?

泳ぎからの壁無しターンで練習することから始めましょう。一つ一つの動作を正確に身に付ける必要があります。足首、膝の使い方も全体の回転の流れの中で理解実戦が必須です。

中距離レースで体力が消耗しても、ターンスピードが落ちない選手のトレーニングとは?

ターン自体でのスタミナ消耗をしてしまう選手がいますが、実にもったいない話です。泳ぎのスピードが落ち推進力が落ちてきた場合にどういうターンテクニックを習得しているかが、意外なタイムの差を生みます。実戦的なターン練習をお見せしましょう。

ターンが下手で、スタミナを落としてしまう選手に足りないターン練習とは?

厳しいトレーニングですが、ノーブレ壁キックを効果的に実践することで力はアップします。壁キックの時間で負荷を調整しながら行いましょう。良い結果が出ます。

今ご紹介させていただいたことは、
選手が手に入れる上達法の一部にすぎません。

是非、今回の選手の目線で徹底解説している「水泳スタート&ターン攻略プログラム」を手に入れて、

  • スタートのコツ
  • 各泳法別のターン
  • タイムの大幅な伸び

を体で感じられれば、水泳がもっと楽しくなります。
そして、

  • 試合に勝つ!
  • 自己ベストを更新する!

という理想を実現しましょう。

そうすれば、もっと水泳が好きになり、強くなった自分に自信が持てます。
自分に自信を持てるということは、スイマーとしても一人の人としても
成長できるでしょう。

あなたなら、このプログラムにいくらの値段をつけますか?

このプログラムは、選手目線にたち、選手が悩むであろう壁に着目して、
スタート&ターンの上達にこだわったプログラムです。

今まで、できないことを何度も反復して練習し、「もう、水泳辞めたい!」と、
そこまで思った方も多いと思います。

怒鳴り散らして練習するのではなく、 効率よく「スタート&ターンの上達法」に的を絞っているので、考え方がシンプルです。
このシンプルさこそが、理屈がわからない選手でもちゃんと理解し、正しいスタート&ターンを模範しやすくなるポイントです。

このプログラムほど、“選手目線”でスタート&ターン上達の壁になるポイントを研究して指導している物をありません。

体が小さい、力が弱いジュニア選手でも上達します!
ただ、なんとなくスクールに通っていたお子さまの顔つきが変わります!
部活で伸び悩んでいる人に役立ちます!
とにかく、水泳が好きなのにタイムが伸びないと、
悩み続けてほしくないという強い思いをプログラムの中に詰め込みました。

DVDは合計3枚です。
このDVDは特別価格24,000円でお渡しできるようになりました。

販売価格24,000円(消費税込:25,920円)
※別途送料が540円かかります。
3枚組DVD 収録時間:153分

世界水泳選手権大会リレーコーチも務める村上 二美也さんメイン指導 

お申し込みはこちら

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。

お電話のお申し込みはコチラからどうぞ
・営業時間 9:00 ~ 24:00(土日祝日も対応)

お支払方法

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい。

<発送について>

・毎週、月曜日~土曜日まで毎日の発送となります。(日・祝・年末年始・GWを除く)
・申し込み集中につき、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
 その場合は順次発送いたしますので、到着までお待ちくださいませ。
・配送会社はクロネコヤマトメール便 (郵便ポスト投函)です。
・到着まで3日~7日かかります。あらかじめご了承ください。

DVDの中身を少し紹介します。

DVD1 各種スタート方法と入水後の動作

イントロダクション(3巻共通)
スタート&ターンの重要性(3巻共通)
スタート台からのスタート

 ・グラブスタート
 ・トラックスタート
 ・キックスタート(1)
 ・キックスタート(2)

入水後の動作

 ・入水後の動作(クロール)
 ・入水後の動作(平泳ぎ)
 ・入水後の動作(バタフライ)

背泳ぎのスタート

 ・スタートの構え
 ・蹴り出し
 ・浮き上がり

タイム計測ドリル
スタート強化の補強トレーニング
  

DVD2 回転動作を極めるターンの「入り」

入り

 ・グラブスタート
 ・トラックスタート
 ・キックスタート(1)
 ・キックスタート(2)

入水後の動作

 ・「入り」の確認(クロール)
 ・「入り」の確認(背泳ぎ)
 ・ターンの「入り」(1)(クロール・背泳ぎ)
 ・ターンの「入り」(2)(クロール・背泳ぎ)

回転

 ・「回転」の確認(1)(クロール・背泳ぎ)
 ・「回転」の確認(2)(クロール・背泳ぎ)
 ・ターンの「回転」(クロール・背泳ぎ)
 ・「入り~回転」の確認(バタフライ・平泳ぎ)
 ・ターンの「入り~回転」(バタフライ・平泳ぎ)
 ・ビート板での回転練習(クロール・背泳ぎ)
 ・パドル・フィンでの回転練習(クロール)
 ・パドル・フィンでの回転練習(背泳ぎ)
 ・パドル・フィンでの回転練習(1)(バタフライ・平泳ぎ)
 ・パドル・フィンでの回転練習(2)(バタフライ・平泳ぎ)
 ・複数での回転練習(クロール・背泳ぎ)
 ・複数での回転練習(バタフライ・平泳ぎ)
 ・スタートからの回転練習
 ・チューブでの回転練習

着壁

 ・「着壁」の確認
 ・「着壁」の練習
 ・ターンの「着壁」(1)
 ・ターンの「着壁」(2)
 ・ターンの「着壁」(3)

DVD3 ターン最終局面&毎日やりたいドリル集

離壁

 ・ターンの「離壁」
 ・壁なしターン
 ・泳ぎからの壁なしターン
 ・チューブレジストプッシュ
 ・ターンまとめ

ターンドリル

 ・タイムの測定(1)
 ・タイムの測定(2)
 ・ノーブレ壁キック
 ・ノーブレイン&アウト
 ・2回転ターン
 ・ターンアウトダッシュ(1)
 ・ターンアウトダッシュ(2)

個人メドレーでのターン

 ・バタフライから背泳ぎ
 ・背泳ぎから平泳ぎ
 ・平泳ぎからクロール

お申し込みはこちら

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。

お電話のお申し込みはコチラからどうぞ
・営業時間 9:00 ~ 24:00(土日祝日も対応)

お支払方法

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい。

<発送について>

・毎週、月曜日~土曜日まで毎日の発送となります。(日・祝・年末年始・GWを除く)
・申し込み集中につき、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
 その場合は順次発送いたしますので、到着までお待ちくださいませ。
・配送会社はクロネコヤマトメール便 (郵便ポスト投函)です。
・到着まで3日~7日かかります。あらかじめご了承ください。

よくある質問

本当に上達しますか?
このプログラムは、選手の目線に合わせた内容です。
継続して実践することで、動作の意味を理解し体にしみついてきます。内容も理解しやすいようにできていますので、 なぜ次の動作のためにこの動作がいるのか?ということを理解しながら取り組んでみてください。飛躍的に、体の変化を感じるでしょう。
マスターズ水泳の大人ですが大丈夫ですか?
はい、年齢は関係ありません。
大人の方こそスタートとターンのコツが抜けている人が多いです。
動作・考え方などをこの「水泳スタート&ターン攻略プログラム」で覚え、どんどん反復練習してください。上達が目に見えてくるでしょう。
体が小さくて、それほど運動神経が良くなくても大丈夫ですか…?
このプログラムは、選手一人一人の潜在能力が出せるようにプログラム化されています。 小さくても、運動神経に自信がなくても、誰でも取り組みやすくなっていますので、安心してください。
ばら売りはしてますか?
体系的に学んで結果を出して頂きたいので、ばら売りはしていません。
すべて見てもらうことで結果が出るようにプログラムしていますので、ご安心ください。
返品できますか?
誠に申し訳ございません。当DVDには、返品・返金規定の適用はございません。DVDの初期不良での再生不能などはこの限りではございません。新しいものと交換いたします。

販売価格24,000円(消費税込:25,920円)
※別途送料が540円かかります。
3枚組DVD 収録時間:153分

お申し込みはこちら

※SSL(暗号化)で守られた安全なお申し込みページに移動します。

お電話のお申し込みはコチラからどうぞ
・営業時間 9:00 ~ 24:00(土日祝日も対応)

お支払方法

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい。

<発送について>

・毎週、月曜日~土曜日まで毎日の発送となります。(日・祝・年末年始・GWを除く)
・申し込み集中につき、発送まで少々お時間をいただく場合がございます。
 その場合は順次発送いたしますので、到着までお待ちくださいませ。
・配送会社はクロネコヤマトメール便 (郵便ポスト投函)です。
・到着まで3日~7日かかります。あらかじめご了承ください。

株式会社トレンドアクアより最後に

水泳スタート&ターンを制する者がレースを制する!!

これは特に短水路レースを泳いだことがあるスイマーなら
納得するのではないでしょうか。

水泳は1秒や0.1秒を競うスポーツです。
ちょっとした技術の差が、このタイムの差になります。

もし、あなたが自己ベスト更新や、試合に勝つことを
喜びに感じるなら、ぜひこのプログラムを試してみてください。

細かい技術も扱うのが弊社トレンドアクアの特徴です。
今回のプログラムはマニアックな弊社スタッフが観ても
なるほど!の連続でした。

実際にスタッフの一人が試したところ、直ぐに結果が出たそうです。

最後まで目を通して頂きありがとうございました。

水泳を愛する気持ちを、私共は応援しています。

水泳スタート&ターン攻略プログラム
~泳法別“スタート&ターン”レースの50%を決めるテクニック~

世界水泳選手権大会リレーコーチも務める村上 二美也さんメイン指導  

お申し込みはこちら

お電話のお申し込みはコチラからどうぞ
・営業時間 9:00 ~ 24:00(土日祝日も対応)

お支払方法

※各種クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済、Bit Cashがご利用になれます。
なお、銀行振込、郵便振替、コンビニ決済の場合のみ、振込手数料をご負担下さい 。